女性ホルモンを意識してみる

私達女性のとって重要な存在である女性ホルモン。

実は年齢と共に卵巣の働きが低下するにしたがって女性ホルモンの分泌量も激減してしまうのだそうです。

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」は肌の水分量をキープし、コラーゲンを増やしてくれるそうですので、減ってしまうと美容にも当然影響が出てきますよね。

コラーゲンはたぶん皆さんご存じだと思いますが、肌(真皮)の70%位を占めている「ハリ」の元となる成分ですね。

繊維のような状態になって肌に弾力をもたらしてくれます。

コラーゲンが配合されている基礎化粧品はたくさん発売されていますが、これを塗ったからと言って肌のコラーゲンが増える訳ではないそうです。(残念)

化粧品類のコラーゲンは主に保湿成分として働いてくれるそうなので、できれば、コラーゲンを自分の肌が生成してくれる方がいいですよね。

そのコラーゲン生成能力をつかさどっているのがエストロゲンという女性ホルモンという事になる訳ですので、女性ホルモンを意識した生活は美容に良いという事になるんですよね。

前置きが少し長くなりましたが、エストロゲンをキープするのに大切なのは次の3つです!

 

①規則正しい睡眠

②食事

③適度な運動

 

これって、見てみると「ザ、健康的な生活」の3拍子と言えそうですね。

健康的な生活は、女性ホルモンにも直結してるんですね!

早速、一つ一つの項目を詳しく見てみましょう。

 

睡眠

睡眠不足が続くとホルモン分泌が乱れてしまうそうです。

最低6時間の睡眠時間はキープしたいですね。

 

食事

栄養バランスの乱れも卵巣の働きに影響してしまうそうです。

女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンも積極的に取り入れたいですね。

イソフラボンは大豆に含まれている成分ですので、一日当たりお豆腐なら半丁、納豆なら1パック、豆乳なら200ml、きなこなら大さじ3杯ぐらいが適量だそうです。

毎日納豆だと飽きちゃいますよね。

私は、ヨーグルトにきな粉を入れたり、お味噌汁に豆腐、たまに豆乳を飲んだりしています。

大豆製品が苦手な方はサプリメントも出ているので利用してみてはいかがでしょうか?

 

運動

運動は健康的な生活には必須ですが、なかなか時間がないのも現実ですよね。

ただ、骨盤の中の血流が悪くなると卵巣の機能も低下してしまうそうなのでそうも言ってられないかも!

血行を良くするためにお風呂につかったり、血流に効果のあるツボ押しも効果的だそうです。

血流アップのツボ:三陰交(さんいんこう)

くるぶし(内側の方)から指4本分上のポイント

 

早く寝るのはタダでできる最高の美容法ですし、納豆もきなこもそんなに高価じゃないですよね。

ツボ押しに至っては、自分でやってしまえばタダ!

自分のやる気とちょっとした時間があれば卵巣の機能もアップできるそうですので、お風呂上がりのちょっとした時間などを使ってやってみましょう!

お肌の中でコラーゲンがムクムク生まれてくるイメージを思い浮かべてファイトです!

 

関連記事:めぐりを良くしてみる

めぐりを良くしてみる

こんにちは、さやママです!

突然ですが、40代に入ってから

シミが目立ってきた 😥

目の下のクマが気になる 🙁

吹き出物に悩んでいる 😕

こんな事が気になり始めてないでしょうか?

これらのお肌トラブルは見た目に大きくかかわってきますし、くすんだ印象を与えてしまうため一日も早く解消したいですよね。

シミが目立ってきたら美白コスメに手が伸びますし、クマ解消の為にマッサージをしてみたり・・・

こういう解消法も間違っていないと思いますが、もうちょっと視点を大きくして体全体の「めぐり」に注目してみるのも非常に有効だそうです。

というのも、めぐり(血行)が思わしくない状態でもこういったサインが美容に影響を及ぼしている事が多いのだそうです。

加齢によって私たちの体は変わっていきますが、実は血管も年をとってしまうそう。

血液は私たちの体内に酸素や栄養素を運び続けてくれるのですが、そのパイプである血管が衰えてくると、スムーズにその仕事が遂行できなくなってしまうんですね。

むくみや冷え性、肩こりに悩んでいるという方も、実はめぐりが大きなカギを握っている事が多いそう。

めぐり改善には①食生活②運動の見直しが効果的だそうです。

私は食に興味があるので、今日は食という側面からめぐり改善についてご紹介しますね!

血管の若さを長持ちさせてくれる食材は?

毎日の食事で血管ケアができたらとっても便利ですよね。

食べるものが私たちの体を形作ってもいますので、健康的な食材は覚えておいて損はない!

ここでクローズアップしたいのが「脂肪酸」。

脂肪って聞くと、特に女性は敬遠しがちですが、実は積極的にとりたい脂肪酸とそうでない脂肪酸に分かれるんです。

是非とりたい脂肪酸はn‐3系と呼ばれる脂肪酸

n‐3系の脂肪酸は動脈硬化の原因とも言われる悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる働きがあるそうです。

最近はオメガ3という名前で呼ばれることが多いでしょうか。

悪さをする成分をやっつけてくれるので積極的に摂る事がおススメされてるんですね。

n‐3系の脂肪酸を多く含む食品は、ズバリ青魚。

イワシやサバ、サンマなど背中が青い魚にはEPA・DHAという不飽和脂肪酸が多く含まれているそうです。

また、最近スーパーなどでも見かけることが多くなったエゴマ油やアマニ油、菜種油にも豊富に含まれているそうです。

(上の画像は日清オイリオさんからお借りしました)

お魚って小さいころから食べ慣れていないとなかなか口にしずらいところもあると思います。

お魚が苦手というかたは、亜麻仁油など植物系の油を取り入れてみてもいいかもしれませんね。

不飽和脂肪酸にはもうひとつ、n-6系と呼ばれるものもありますが、こちらは「適度」にとるのが理想的だそうです。

n‐6系もn‐3系と同じ働きがあるのですが、摂りすぎてしまうと免疫系に作用しアレルギー系の疾患が増える原因ともなってしまうそうなんですね。

積極的にとっていいのはオメガ3、n‐6系(紅花油、コーン油、オリーブオイルに多く含まれる)はほどほどにしておきましょう!

他の種類の脂肪酸は要注意

脂肪酸の中でも先にご紹介したオメガ3(不飽和脂肪酸)は積極的にとりたいものなんですが、同じ脂肪酸でもできれば避けたいものもありました。

なるべく避けたい「トランス脂肪酸」

トランス脂肪酸は動脈硬化を促してしまう働きがある為、できるだけ取らない方が良いですよね。

マーガリンやショートニング、工業用加工油脂に多く含まれているそうです。

カロリーの多いバターの代わりにマーガリンを使っている人は多いと思いますが、たまにはオリーブオイルやクリームチーズに変えてみるのもいいかもしれません。

日本人のマーガリン摂取量からするとそこまで心配しなくてもいいそうですが、外食で口にしている揚げ物やお菓子、スナック菓子にも多用されている為、こういう物を特に多く食べている方は要注意です。

でもたまに無性に食べたくなるんですよね、フライドポテト・・・。

 

揚げ物ってお料理するの大変なんですよね。

後片付けも時間がかかったりするので、私もスーパーで買っちゃうことが多いのですが、この事実を知ってからお家で調理する事が増えました。

揚げ物自体カロリーも高いので、たま~に作るのが体にも良さそうですよね。

ほどほどに摂りたい飽和脂肪酸

飽和脂肪酸はお肉や乳製品の脂肪に多く含まれているそうです。

固体の脂肪なので、血液の粘度を上げてしまい血液が流れにくくなってしまうそうです。

ただ、ほとんど食べなかったりすると脳出血のリスクが高まるなんて事も言われているそうです。

お肉も乳製品も貴重なアミノ酸源なので、こちらもほどほどが良さそうですね。

ほどほどの方が財布にも優しい♪

 

今日は食べ物に含まれる脂肪酸からめぐりを良くする方法についてご紹介しました。

体にいいものを口にしていると、自分をもっと大切にできますし、今良く言われている「自己肯定感」にもつながる気がします。

年齢を重ねてくると、これまで以上にカラダのメンテナンスが必要になってきますね。

気が重くなることもありますが、誰もが通る道でもあるので、向かい合っていくことも大事なのかなと感じています。

40代はまだまだ!

普段できる事を始めて、明るく参りましょう!

 

関連記事:激安スキンケアを手に入れる

タダで出来る効果的な美容法

こんにちは!さやママです。

今日から40代の為に役立つ美容法について色々とご紹介していこうと思います。

 

記念すべき第一弾は、ズバリ!

タダで出来る効果的な美容法について!

 

家庭を持つと自由になるお金って限られてきたりしますよね。

子どもの教育や家のローン、食費も年々上がる一方だし、旦那さんのお小遣いもなかなか切り詰められない。

家計を切り盛りしている主婦の方がどうしても節約に敏感になったりします。

そんな時にタダで美容効果が得られたらラッキーラッキーだと思いませんか?

タダっていっても決して怪しい話ではないですよ。

詐欺商法とかとんでもないです。

私が実際自分でやってみて「これはスゴイ!タダなのにスゴイ!」って実感してますから。

どんな方法なの~?って知りたくなりましたか?

答えはですね、

いつもより早く、ぐっすり眠る です!

な~んだ、と思われたかもしれませんね。

でもこれだと、お金ゼロ円でものすごい美容効果を得られるんですよ。

夜の時間って、たまってしまった家事を片付けたり、明日の準備に追われたりしてなかなか早く寝られないって方も多いんじゃないでしょうか?

子どもが寝静まってから自分のやりたいことが出来たり、一日の終わりのリラックスタイムとしてお気に入りのテレビドラマやビデオを見たりしている方もいるはず。

かくいう私も、「やっと自由な時間ができた!」と趣味にいそしんだり図書館で借りてきた本を読んだりしていました。

で、ついつい寝る時間が遅くなってたんですよね。

でも、お肌のゴールデンタイムは夜10時ごろからって何かで聞いて、「じゃあ今日は思い切って子供と一緒に9時前に寝てみよう」って超早く布団に入ったんです。

そしたら翌日!

私の肌ってこんなにつるつるスベスベだったんだー!ってもう本当にびっくりしたぐらいです。

睡眠って本当に大切なんですね。

体は、寝ている間に色々なパーツを修復しているみたいですが、お肌も寝ている間に元気を取り戻してくれたみたいです。

こんな実体験から、私は早く寝る日を出来るだけ多く設定してお肌の調子を整えたりしています。

良く眠ると肌だけじゃなくて頭もどこかスッキリしていますし、明るく快適な朝も迎えられます。

体も十分休息をとれるので、朝起きた時の疲労感にも違いが出てきました。

夜が唯一の自由時間って人は本当に多いと思うんですが、やる事を思い切って明日に先延ばししたり、夕方ごろから寝る時間を意識し始めたりしてなんとか早く寝る事に挑戦してみてください。

これは本当におすすめです。

是非やってみてくださいね!!!

 

 

関連記事:めぐりを良くしてみる